成田恒陽の株式投資学校 |目先の利益ではなく人生の資産形成を身につける

目先の利益ではなく人生の資産形成を身につける
成田恒陽の株式投資学校

ついに投資助言会社による株式投資の学校が開校!!!

金融庁(財務局)に投資助言登録をしているメデュが、長年の構想を経ていよいよ株式投資学校を開校します。

これまで、アカデミースクールや一般社団法人による株式投資の学校はあっても、投資助言業者による株式投資の学校は、ほぼ皆無でした。

投資助言業者とは、国が定めた厳しい基準をクリアして金融庁(財務局)に登録した、金融商品取引業者のうち、投資に対する助言を生業とする法人(一部個人含む)のことを言います。

私ども株式会社メデュは、投資助言の高い要求お客様の利益を追求し実現するためのノウハウを、この株式投資学校にすべて注ぎ込みます。 投資助言業者の責任ある立場で、お客様が株式投資で成功するための学びを提供します。

投資助言会社にもいろいろありますが、より多くの顧客を獲得するために、「これを買えば儲かります!」といった個別銘柄の推奨をしている会社も多いです。しかしメデュでは、無責任な個別銘柄推奨はいたしません。

他人に任せない。
投資対象を自分で見抜く力を身につける。

 

メデュでは、投資家が正しい知識を身につけ、自分の判断で投資を行い、継続して利益を出していくことにこそ株式投資の醍醐味があると考えています。

株式投資家とは、人から言われるまま、自分が投資しようとしている会社のことも知らずに買う人のことではなく、いつ、どんな株を買えば資産を増やせるのか、株の選び方、買い方を知っている人のことを言います。

成田恒陽の株式投資学校は、投資家の本物の金融リテラシー(知識、判断力、インテリジェンス)を身につけていただくお手伝いをします。

投資経験が少ない人が多い
日本で革命を起こす

 

私どもの会社名「メデュ(MEDU)」は
Money(お金) Education(教育)」からきています。

日本においては、欧米に比べて「金融教育」が遅れていると言われています。
一昔前までは、株式投資やFX取引については、一部の人しか取引しておらず、

「危険なモノ」「ギャンブル」「投資している人とは関わりたくない」
「子供に教えてはいけないモノ」という考えが一般的でした。

しかし、インターネットが普及し始めてからは、
メディアなどでも株式投資やFX取引が取り上げられて、
一般的に徐々に受け入れられてきました。

しかし問題も多々ありました。

メディアなどで株式投資やFX取引が取り上げられるのは、
「一撃で、これだけ儲かった」「億り人」「今話題の○○投資」
というような、簡単に儲かるかのように煽る偏った情報紹介です。

このようなキャッチコピーをご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これらの情報にふれた人たちが、
「○○さえやれば簡単に儲かる!」
「○○投資をやれば億万長者になれる!」などと勘違いし、

正しい知識 投資の本質

を身につけず、マーケットに参加しては退場、
を繰り返す人々が後を絶ちませんでした。

一般的に、「株式投資を行っている人の9割は負けている」と言われているのも、
間違った情報にも原因があるのです。

本校では、一方的な情報の提供ではなく、正しい知識と投資の本質を身につけていただきます。

 

高校での金融教育開始で日本は変わる?
NO

また、2022年4月から、高校の新指導要領にもとづき、家庭科の授業の中で
「資産形成」についての指導が始まっています。

これは良いこともある反面、弊害も大きいと私どもは感じています。
高校の教育現場が、顧客を増やしたい営利団体や、証券会社によるボランティアを装った営業活動の草刈り場となる可能性があるからです。

また、若者向けに、メディアなどで投資信託、株式投資、FX取引などがセンセーショナルに取り上げられ、偏った情報操作が行われることを危惧しています。

投資で儲けるのは簡単なことではありません。

極論をいうと、誰かが儲けているお金は、誰かが損をしているお金なのです。
経済的な仕組みで考えると、地球上の全員が儲かるということはあり得ないのです。

正しい知識と、投資の本質を身につけずに投資に参加してしまうのは、他人にお金をプレゼントしてしまうのに等しいと思います。

自動車の運転と同じことだと考えましょう。

自動車学校で、車の仕組みや操作方法、道路交通法などを学び、試験に合格した者が免許証を取得でき、公道で自動車を運転できるようになります。

車の仕組みや操作方法、道路交通法を知らずに、公道で自動車を運転するとどうなるでしょうか。

事故を起こしてしまうでしょう。

株式投資も同じように、大切な資産を運用することになるので、
投資をする前に、正しい知識と投資の本質を身につけてほしい、と思います。

投資でお金を儲けるための真の実力をつけるために、本校をぜひご活用ください。

株式投資を本格的に学ぶ場としての、
考え抜かれたカリキュラム

 

本校は、次のような方におすすめです。

株式投資を始めたいけれど、何を勉強したらよいかわからない


株式投資の経験はあるけれど、成功体験がない


ビジネススクール(MBA)に行く時間はないけれど、金融、経済、財務会計、経営等、幅広く学んでみたい


投資をするかどうかわからないけれど、学んで自分の世界を広げたい

サラリーマンの方はもちろん、10代の若者、主婦の方、経営者や自営業の方、リタイア世代の方々まで、

老若男女問わずどなたにも自信をもっておすすめできるカリキュラムです。

株式投資学校では15+1のカリキュラムを用意しました。

 

入学から卒業までの流れは下記の通りです。
8ヵ月かけて、70分(講義60分+質疑応答10分)の講義を16回にわたり受講していただきます。

1.オリエンテーション〜投資哲学の重要性〜

2.投資の必要性

3.リスクとは何か

4.リスク低減方法

5.目的に合わせた投資の考え方

6.株式とは何か?株式上場とは何か?

7.投資と投機の違いとは?

8.金融マーケットの見方

9.経済指標の見方

10.投資信託(ファンド)とベンチマーク

11.コロナ禍で利益が増えた会社と利益が減った会社

12.財務分析の勘所

13.決算短信の見方

14.投資尺度

15. 銘柄選択

16.まとめと修了式

※受講者の学びのペースに合わせて講義内容を変更する場合があります。
※講義は会場を借りての対面授業となります。当日お越しになれない方の為に後日アーカイブ動画をアップします。
※講義にはアーカイブ撮影の為にカメラが入ります。参加される方の顔が映ることはありませんのでご安心ください。

先生に直接会って学べる
都合が悪く参加できなくても動画で学び漏れなし!

 

16回の講義は、週末に、東京にて行います
ぜひ成田恒陽に会って、直接話を聞き、学びを深めていただきたいです。
質疑応答の時間も設けますので、積極的に質問し、疑問を残さずに学びを進めてください。

しかし、地方にご在住の方、またご都合で参加が難しいという方もいらっしゃるでしょう。
ご安心ください。
すべての講義は撮影し、受講生の皆様には動画で視聴いただけるようにいたします。
会場の熱気を感じながら、動画で学んでください。
※動画の公開には時間差が生じますことご了承ください

入学条件・お申込み方法は?

 

先にお伝えしたように、入学に条件は設けていません。
老若男女、投資経験を問いません。

ただし、受講料は驚くほど高額ではありませんが、安くもありません。
時間とお金を無駄にしないよう、真剣に学ぼうとしていただける方を歓迎いたします。

受講料は8ヵ月のカリキュラムで、36万円(税込39万6,000円)です。
定員は、会場の都合から、30人とします。

ご希望の方は、慎重にご検討のうえ、お早めにお申し込みください。
※講義の会場は東京都内を予定しております。会場、時間の詳細については、ご入学された方にご連絡いたします。

講師プロフィール

成田 恒陽(なりた つねあき)

株式会社メデュ投資助言部。経営管理修士(MBA)。
日本株中心に中長期投資を行う個人投資家。

富士銀行(現みずほ銀行)、株式会社プレステージ・インターナショナル(現東証一部)、フィデリティ投信株式会社セールスマネージャー、ドイチェアセットマネジメント株式会社(ドイツ銀行グループ)ヴァイスプレジデント、ゴールドマンサックスアセットマネジメント株式会社ヴァイスプレジデント、クレディアグリコルアセットマネジメント株式会社(現アムンディジャパン株式会社)投資信託第二部長を経て独立。

株式会社NSクリエーション代表取締役。経験した業務は外為渉外、投信販売専門証券会社の設立準備、ロンドン、フランクフルト、ニューヨークの現地スタッフとともに外国籍ファンドを組成、デューデリジェンス、ファンドレポートなど多岐にわたる。個人投資家向けの研修やセミナーの講師経験が豊富。

強みは学生、おじいちゃん、おばあちゃんにもわかりやすく株式投資を教えられること。

講座概要

講座名 成田恒陽の株式投資学校
プログラム 講義1  オリエンテーション〜投資哲学の重要性〜
講義2  投資の必要性
講義3  リスクとは何か
講義4  リスク低減方法
講義5  目的に合わせた投資の考え方
講義6  株式とは何か?株式上場とは何か?
講義7  投資と投機の違いとは?
講義8  金融マーケットの見方
講義9  経済指標の見方
講義10  投資信託(ファンド)とベンチマーク
講義11  コロナ禍で利益が増えた会社と利益が減った会社
講義12  財務分析の勘所
講義13  決算短信の見方
講義14  投資尺度
講義15  銘柄選択
講義16  まとめと修了式

1講義 70分(講義60分、質疑応答10分) 教材:講義により当日配布のある場合と無い場合がございます。
講義日程 講義1  2022/5/28
講義2  2022/6/11
講義3  2022/6/25
講義4  2022/7/9
講義5  2022/7/23
講義6  2022/8/6
講義7  2022/8/27
講義8  2022/9/10
講義9  2022/9/24
講義10 2022/10/8
講義11 2022/10/22
講義12 2022/11/12
講義13 2022/11/26
講義14 2022/12/10
講義15 2022/12/24
修了式  2023/1/7

会場:東京都内を予定しております。お申し込み後に送られるログイン情報にてログインいただき、本コース内にてご案内いたします。
※講義は会場を借りての対面授業となります。会場は東京都内を予定しております。当日お越しになれない方の為に後日アーカイブ動画をアップします。
受講料 【一括払い】
定価 36万円(税込価格39万6,000円)

【分割払いの場合】
クレジットカード(VISA/Master)の場合
・クレジットカード決済会社の分割払いがご利用いただけます。決済会社指定の分割手数料がかかります。
※デビットカード決済の方、銀行振込の方は一括払いのみとさせていただいております。ご了承ください。
※クレジットカード(JCB/AMEX/Diners)の方は一括払いのみとさせていただいております。決済完了後クレジットカード会社によっては分割払いへの変更が可能な場合もあるようです。ご希望の方はクレジットカード会社へお問い合わせください。
定員 30名
支払い方法 クレジットカード決済(VISA/Master/AMEX/Diners/JCB)
デビットカード決済
銀行振込(みずほ銀行・楽天銀行)
※分割払いの場合の手数料に関しては上記の料金項目をご確認ください。
※銀行振込の場合、振込手数料はご負担いただきます。
※海外からのお申込みの方で、上記の方法で決済ができない場合は事務局までお問い合わせ下さい。
https://medu.biz/contact/
申込方法 こちらのお申込みフォームよりお申込みください。
※携帯電話のメールアドレスを登録された方から「登録したのにメールが届かない」とのお問い合わせが増えています。
下記、各キャリアの受信設定方法をご確認いただき、受信設定を行ってください。 お手持ちの携帯キャリアの受信設定画面に進み、記載されている手順に従って、設定を行ってください。
‣ 設定方法 https://vc.medu.biz/mailsetting/
講師 成田 恒陽
サービス提供元 株式会社メデュ
登録番号:投資助言・代理業 近畿財務局長(金商)第409号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 022-00283
〒561-0885 大阪府豊中市岡町8-11 シティヒルズウオアサ603号室
TEL 06-6151-9706
※こちらの番号でのお申込みやお問い合わせは受け付けておりません。
お申込みはこちらのお申込みフォームよりお申込みください。
また、お問い合わせはhttps://medu.biz/contact/よりお願いいたします。
キャンセルポリシー 商品の性質上、返品、返金には応じません。
特記事項 当講座は金融商品取引法上の投資助言業務に該当するサービスではありません。
投資を学ぶための講座であることをご承知の上お申し込みください。
投資には損失が発生するリスクがあります。投資はご自身の責任で行いください。
本講座を受講しても講師と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株式投資取引には取引業者の売買手数料がかかります。
免責事項 天災地変や伝染病の流行、研修会場・輸送等の機関のサービスの停止、官公庁の指示等の当社が管理できない事由により内容の一部変更および中止のために生じたお客様の損害については、当社ではその責任を負いかねますのでご了承ください。

リスク表記

【有価証券等に係るリスクについて】
投資顧問契約により助言する有価証券についてのリスクは次のとおりです。

1.株式

株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。市場環境の変化、経済環境等の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

信用取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むこと、又、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。

2.債券

債券の価格は、金利の変動等により上下しますので、投資元本を割り込むことがあります。また、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を割り込むことがあります。

市場環境の変化、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

3.投資信託及び投資証券

投資信託や投資証券は、主に国内外の債券、株式および不動産などの財産を実質的な投資対象としますので、金利変動等による組入債券の価格下落、組入株式および組入不動産の価格下落や、組入債券の発行体、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化などの影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、為替の変動により損失を被ることが

あります。したがって、ご投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。

4.信用取引

信用取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むこと、又、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。

5.外国有価証券

外国株式、外国債券、外国投資信託や外国投資証券は、通常、外貨建ての取引となります。そのため、為替相場の変動を原因として損失が発生する場合があります。また、これらの外貨建有価証券は投資対象通貨国における政治・経済・社会情勢の変化などにより、売却や日本円への交換が不可能になる場合があります。その他、売買制度や課税制度が変更される可能性があります。

弊社は投資助言・代理業「近畿財務局長(金商)第409号」に登録されている投資助言をする会社です。
登録番号:投資助言・代理業 近畿財務局長(金商)第409号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会 会員番号:022-00283
株式会社メデュ(金融商品取引業者)
〒561-0885 大阪府豊中市岡町8-11 シティヒルズウオアサ603号室

サービス利用規約への同意

上記のサービス利用規約を読み、内容を理解しました。

「上記のサービス利用規約に同意して申し込みます」をクリックすることで株式会社メデュのプライバシーポリシーに同意したとみなします




ボタンをクリックすると申し込みフォームのページに遷移します